ホーム >不眠症

不眠症

不眠症は睡眠障害の一種で、不眠状態が1ヶ月以上続き、生活にさしさわりがある場合は不眠症と診断されます。
睡眠障害には他に、過眠症(十分な睡眠をとったにもかかわらず、日中に強い眠気が襲い、耐えられない。)とナルコレプシー(日中にところかまわず眠気が襲い、眠り込んでしまう発作。)があります。

不眠症の症状にはタイプがあります。
入眠障害
寝付くまでに時間がかかり、眠ろうとするほど時間がかかる。
いったん寝入ると普通に眠れることが多い。
熟眠障害
よく寝たという満足感が得られない。
中途覚醒や早朝覚醒などの症状を併せ持つ場合が多い。
中途覚醒/早朝覚醒
中途覚醒は寝ている間何度も目が覚めます。
早朝覚醒は朝が開けきらない暗いうちに目が覚めてその後眠れないかウトウト程度しか出来ない。

原因としては、他の病気(身体の病気および精神疾患)が原因のものと、とくに原因となる病気がない原発性と分かれます。
原発性不眠症は精神生理性不眠とも呼ばれ、性格的に完全主義者の人に見られ、公式的考えに囚われています。
自分で気づかないうちに眠っていても、望んだように眠れないことに苦痛を感じて、今夜もうまく眠れるか不安になります。

治療には薬物療法と精神療法があります。
薬物療法
症状にあわせて催眠鎮静薬が用いられます。
他にも過眠症の場合などは、精神刺激薬や坑うつ薬が用いられることもあります。
精神療法
公式的考えに囚われていたり、不安が在る場合は、自律訓練法や催眠療法、自己暗示療法などが用いられています。

不眠症を解消しませんか?

不眠症で眠りたくても眠れないと、次の日にちゃんと仕事ができるだろうか、途中で眠くなったり、大きなミスをしてしまったりしないだろうか、と不安になってしまいます。
また、十分な睡眠が得られていなければ当然身体への負担は大きくなり、長引けば体調不良の原因となります。

不眠症を軽くみていると思わぬ事態を招きかねません。
薬物により寝ることはできても、根本的な原因をつきとめて改善する努力をしなければ不眠症を解消することは難しいでしょう。

当ルームの心理療法を行うことで不眠の軽減または解消を目指すことが可能です。
今後、薬に頼らずに気持ちよく寝たいと思っているのであれば、是非今すぐご相談ください。


▲ページトップに戻る